So-net無料ブログ作成

立松和平さん 生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)

 「父もまさか、こんなに早く死が訪れるとは思っていなかったでしょう。やりかけの仕事がたくさんあって……」。東京都渋谷区の画家、山中桃子さん(32)は悔やむ。命をテーマにした「おばあちゃんのくりきんとん」(長崎出版刊)で昨年11月、絵本作家としてデビューした山中さん。1月に次男を出産、2月には父を亡くし、生と死に向き合った。その父は作家の立松和平さんだ。【田後真里】

 物心がついたころから絵を描くのが好きだった。父は「好きなことをやれ」といつも励ましてくれた。美大卒業後は、父の文章に挿絵を添えた。共作本は30冊を超え、03年には絵本「田んぼのいのち」などでブラチスラバ世界絵本原画展で入選した。

 「丁寧に」。これが父の口癖だった。「心を込めろという意味にとらえてきました」と山中さん。15年ほど前の思い出がよみがえる。共通の趣味だった仏教美術を見に一緒にインドに渡った。交わす言葉もなく、ただ2人で見入った。父は旅先でも、電車での移動中も「ペンさえあればできる」と執筆や取材を続けた。そんな父の後ろ姿を見つめていた。

 絵本作家は夢でもあった。デビュー作「おばあちゃんのくりきんとん」では主人公のたろうが、おばあちゃんの死に戸惑う。おばあちゃんは思い出や料理の味として心の中に生き続けていた−−。

 「よく書けているじゃないか。感動したよ」という父の言葉を思い出す。「自分が描いた『命は続いていく』という言葉の意味を今、かみしめています」

 読んでいない父の作品もたくさんある。「父の存在を以前より濃く感じる。本を読み、知らない父の一面に会える気もします」

 ◇「お花見展」28日まで

 都内では桜の満開が近い。桜をテーマにした絵画19点を集めた「山中桃子のお花見展」が28日まで、新宿区大京町のアートコンプレックス・センター(03・3341・3253)で開かれている。

 ◇東京・青山で偲ぶ会

 立松和平さんは、小説「遠雷」「道元禅師」で知られ、環境問題などにも取り組んだ作家。2月8日に多臓器不全のため62歳で死去した。宇都宮市役所に勤務後、80年、都市化にさらされる農村を舞台にした長編「遠雷」で野間文芸新人賞、97年には「毒−風聞・田中正造」で毎日出版文化賞を受賞した。

 テレビ朝日系の「ニュースステーション」のリポーターとして活躍するなど、テレビの紀行番組にも出演。パリ・ダカールラリー出場でも知られた。

 27日午後2時から、東京都港区の青山葬儀所で「立松和平さんを偲(しの)ぶ会」が行われる。

<中国毒ギョーザ>逮捕の元従業員労働条件に不満 中国発展の影、格差のひずみ (毎日新聞)
足利事件 菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で(毎日新聞)
生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔(産経新聞)
<宮城保険金殺人>妻ら5容疑者を殺人罪で起訴(毎日新聞)
えん罪防止に可視化導入を=千葉法相(時事通信)

<交通安全講習>受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)

 交通安全の講習を受けたお年寄りには、温泉の入浴料や眼鏡代を安くします−−。そんなユニークなサービスを秋田県警と同県内の協賛店が4月から始める。「お得感」を前面に打ち出すことで、高齢者の交通事故死に歯止めをかけたい狙いだ。

 県警交通部が企画した「ふれあい塾」。県内各地の公民館や町内会館で、警察官の講話や反射材などを用いた体験講習、振り込め詐欺防止の寸劇などを実施。交通安全の知識や高齢者を狙った犯罪の手口を学んでもらう。

 会場で渡される受講証を見せれば、約400の協賛店で▽温泉施設の入浴料100円引き▽宿泊料10%引き▽眼鏡30%引き−−などのサービスが受けられる。主な対象は高齢者だが、年齢制限はなく、初年度は県内15署でそれぞれ4回以上開く。

 秋田県は高齢者の交通事故死者が多く、危機感を抱いた県警は05年から「高齢者交通安全大学」を各署で開いてきた。しかし、参加者の確保が難しいうえ、メンバーも固定化。09年も、全国の交通事故死者4914人のうち65歳以上が占める割合は49.9%(警察庁調べ)だが、秋田県では64人のうち約7割(46人)を占めていた。

 ふれあい塾を手がける県警の五十嵐孝明・高齢者交通事故対策官は「交通安全や事件の被害に遭わない知識を学べるうえ、サービスも受けられます」とPRしている。【坂本太郎】

【関連ニュース】
リコール
人事:県警1次異動 性犯罪防止を強化 警部以上247人 /和歌山
達成式:光署、死亡事故ゼロ1年 /山口
熊本市:市電にドライブレコーダー導入へ /熊本
交通安全講習会:死亡事故現場から安全を−−下松 /山口

<多摩下水道工事>公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁(毎日新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か−北九州(時事通信)
「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)
<火災>駐車場で車炎上…中に2人の焼死体 札幌の清掃工場(毎日新聞)
<名古屋市長>支援団体2人辞任「信頼できない」(毎日新聞)

自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合−総務省(時事通信)

 総務省は25日、自動車税など自動車関係の税目を簡素化し、二酸化炭素(CO2)排出量など環境負荷に対応した税体系に見直すため、有識者研究会を設置することを決めた。30日に初会合を開き半年後をめどに論点を整理。今秋以降の政府税制調査会(税調)での議論に反映させる。
 検討の対象は自動車税のほか、自動車重量税、自動車取得税、軽自動車税。政府・与党内には、これらの税目について「複雑で整理が必要」(民主党2009年政策集)との指摘がある。また、自動車の重量や排気量などに応じた課税体系で、環境への負荷を考慮していないため、地球温暖化対策の一環としてCO2排出量と税額が連動するよう改めるべきだとの声が上がっていた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ−気象庁(時事通信)
プラグを抜かずにムダな待機電力をカットする「こまめにスイッチ」新発売
首相動静(3月23日)(時事通信)
<ナシ>受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)
ダイヤ優先、規定違反6件…大阪の地下鉄事故(読売新聞)

森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)

 東京管区気象台は22日、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より6日早く、昨年より1日遅い開花。お天気キャスターの森田正光さん(59)が社長を務めるウェザーマップ社は、他社に先駆けて「22日開花」を予想していたが、直前になって23日に変更。東京の開花的中を目前で逃し、「1日違うだけだし、大目に見て」とがっかりだった。

 森田さんが社長を務めるマップ社は、3月1日時点で東京の桜開花日を「22日」と予想。遅れること同15日には、ライバルのウェザーニューズ社が同じ「22日」の予想を発表した。

 この日の開花で両社的中―のはずだったが、マップ社は21日午後3時になって急きょ、予想を1日遅らせ「23日」と変更。これが裏目に出た。

 ふたを開けてみれば、当初の予想通り、22日に開花。同日のTBS系報道番組「イブニングワイド」(後4時53分)に出演した森田さんはスタジオで、直前の予想変更を責められ「社員が勝手に変えただけ。しかっておきます」と話しながら、「前日に変えてすみません」と、ただただ頭を下げるしかなかった。

 予想変更の理由について「気温が15度以上じゃないと咲かないという過去のデータで判断した」と説明。実際、22日の最高気温は13度ほどだったが、桜は咲いた。

 今年の予想では、18日の和歌山の開花日をドンピシャ的中。同日に開花した名古屋も、1日違いのニアピンと絶好調だけに、「(昨年まで開花予想を行っていた)気象庁では平均誤差が3日以上あった。たった1日ズレだけだから大目に見て」。

 東京での満開日についてマップ社は「4月2日ごろ」と予想。4月3日で60歳を迎える森田さんは「還暦なんて忘れてたよ。めでたい誕生日に満開ってのもいいね〜。赤いちゃんちゃんこで桜見ようかな」。予想的中と還暦のダブル祝いを見越して、早くもウキウキだった。

 ◆ニューズ社はズバリ ○…22日開花をズバリ的中させたニューズ社は、「他社と比べるのでなく、花見を楽しむ情報を届けたい」と冷静だ。同社の開花条件は「1輪咲いた標準木が2割以上」。気象庁が定義する「5〜6輪以上」を基準にしているマップ社や日本気象協会とは、そもそも条件が異なるため、「厳密には当たったか分からない」と控えめだった。

 【関連記事】
東京で桜開花…平年より6日早く
大阪で桜が開花
史上最速!ソメイヨシノが開花
春の嵐、連休“直撃” 千葉で最大瞬間風速38・1メートル

<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
かんぽの宿、「4回以上転売」や「不透明な選定」も 会計検査院指摘(産経新聞)
歯科経営者殺害の被告に懲役23年、大阪地裁(産経新聞)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡−警視庁(時事通信)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)

生活保護費を詐取、大阪の占い師を起訴(産経新聞)

 収入がないように装い、大阪市から生活保護費を詐取したとして、大阪地検は17日、詐欺罪で同市西成区南津守の占い師、井上時弘容疑者(63)を起訴した。「老後の生活のために金がほしかった」と起訴内容を認めているという。

 起訴状によると、井上被告は平成20年1月に祈祷代金など318万円の収入があったにもかかわらず、市に「病気のために収入が得られない」と虚偽申請し、翌月から昨年5月までの間、18回にわたり計約270万円の生活保護費を詐取したとしている。

 逮捕容疑は、18万円の収入を隠し、生活保護費約18万円を詐取したとされていたが、その後の捜査で、300万円の収入と約250万円の生活保護費の詐取が判明したという。

【関連記事】
自称「キタの父」詐欺で逮捕 占い師?テレビや雑誌にも
占い師ら2人を再逮捕 「高島易断」名乗り詐欺容疑
高島易断かたり祈祷料詐取 口座5.7億円「霊心館」代表逮捕
傷害被害者に法廷で「またやってやる」暴言男が控訴取り下げ
女子高生とHで逮捕…占い芸人・小笠原まさやって?

給与支払いで強制執行求める=市長告発も−阿久根市職員側(時事通信)
スカートの下にカメラ入れる、巡査を現行犯逮捕(読売新聞)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
<宮若市長選>有吉哲信氏が再選 福岡(毎日新聞)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)

「ヨガ教師受け入れて」 日印EPA交渉(産経新聞)

 【ニューデリー=田北真樹子】日本とインド両政府が年内締結を目指して交渉を続けている経済連携協定(EPA)のうち、インド政府が「人の移動」の分野で、ヨガ教師の受け入れを日本側に求めていることがわかった。インドが、EPAにヨガ教師を含めたのは、日本が初めてとみられる。日本では若い女性を中心にヨガの人気が高いことから、EPAをてこに、新たなビジネスチャンスの可能性があると判断したようだ。

 インド政府関係者によると、国内の大学や専門教育機関で約40校がヨガ学部・学科を設置。ヨガの博士課程を持つ機関もある。こうした教育機関などの卒業生がヨガ教師に該当し、その数は3万5千人に上るという。

 インド側が新たにヨガ教師の受け入れを求めてきたのは昨年後半。2007年から交渉が始まった日印EPAの「人の移動」分野でインド側は、医師、歯科医、建築士、公認会計士などの受け入れを日本に求めている。この中には当初、インド伝統医学アーユルヴェーダの医師も含まれていたが、医療分野は日本国内の反発が強く、押し戻された経緯がある。このため、インド側は代わりにヨガ教師を提示。また、インド料理人と英語教師の受け入れも追加した。

 日本側は、経済関係に偏りがちな日印関係のすそ野拡大にも貢献できるとみている。いずれの職種も専門性と技能性が高いことから、「単純労働」ではなく「熟練労働」として受け入れる方向で検討するとみられる。

 日印EPA交渉は、インド製医薬品の日本市場へのアクセスをめぐる調整が難航するなど、予断を許さない状況が続いている。

堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て−東京地裁(時事通信)
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」(医療介護CBニュース)
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災−札幌市(時事通信)
「のぞきたかった」と供述 早大生、女子トイレに侵入の現行犯で逮捕(産経新聞)
マンホール作業事故、意識不明の2人死亡(読売新聞)

<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)

 平野博文官房長官は12日の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の情報開示について「(20〜30年後の公開など)公開の仕方を含めて検討しなければならない。年次が明けたらオープンにすることだって、できるものはしたらいい」と述べ、前年度使用分の開示を前向きに検討する考えを明らかにした。

 平野氏は当初、機密費の情報開示に消極的だったが、鳩山由紀夫首相が国会答弁などで機密費の透明性を高める意向を表明していた。平野氏は今後、開示の方法を検討する意向を示した上で「国益のために秘匿しなければならない場合もある。オープンにできないものはしない」とも語った。【横田愛】

【関連ニュース】
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
官房長官:鈴木宗男議員に質問主意書の取り下げ求める
シュワブ陸上案:「決議を超えてやるケースも」官房長官
普天間:官房長官と米大使 会談で「トラスト・ミー」応酬

リュックに異物「子どもの遺体だ」(スポーツ報知)
堀江被告の財産差し押さえ、TV・三味線など(読売新聞)
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
核搭載艦船の寄港は「密約」=半島有事・沖縄肩代わりも−政府、見解見直しへ(時事通信)

カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か−埼玉県警(時事通信)

 偽造クレジットカードを利用してパソコンなどをだまし取ったとして、埼玉県警国際捜査課などは4日、詐欺と不正作出支払用カード電磁的記録供用容疑で、中国籍の無職劉忠鋒容疑者(24)=東京都荒川区西日暮里=を逮捕した。同課によると、「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 県警はこれまでに、カード詐欺グループとみられる日本人10人と中国人3人を逮捕しており、劉容疑者は組織トップの命令を日本人グループに伝達する役割を果たしていたとみられる。トップは中国にいるとみられるが、本名などは不明という。
 劉容疑者の逮捕容疑は昨年5月20日、日本人の男らと共謀し、千葉市内の家電販売店で10回にわたり、偽造クレジットカードを使いノートパソコンなど計11点(80万6千円相当)を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
教材販売会社社長ら5人逮捕=内職あっせん名目で詐取
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か
上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑
子供も使い保険金詐欺=交通事故偽装、11人逮捕
詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設

「内閣改造の発想ない」 支持率3割台突入で首相 打開策にも言及(産経新聞)
土庄高卒業生3人が通学フェリー船長に花束 香川・小豆島(産経新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
【論説委員の取材ノート】石川水穂 痛恨の教科書誤報事件(産経新聞)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)

個所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意(産経新聞)

 国土交通省の平成22年度公共事業の予算配分額(個所付け)に関する資料が民主党経由で地方自治体に流出した問題で、鳩山由紀夫首相は2日午前、前原誠司国交相を口答で注意した。

 首相は前原氏に対し、「仮配分の資料を民主党に提供した際、その取り扱いについて十分な留意をしなかった」として、今後、厳重に取り扱うよう指示した。

 前原氏は処分について、同日の閣議後の記者会見で、「取り扱いについて十分な周知徹底がなされていなかったことは政務三役、特に責任者は私なので、私に瑕疵(かし)があったと考えている。厳粛に受け止める。改善をしていきたい」と述べた。

 一方で「国土交通省から地方自治体に内々示す前に、党が示したことは極めて遺憾」と語り、党側の対応にも改めて不快感を示した。

 首相は1日、首相官邸で記者団に対し、この問題について「国交省の最高責任者は前原国交相だ」として、前原氏を処分する考えを示していた。

【関連記事】
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」
個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討
個所付け 思惑絡む公共事業予算配分
自民が「ポスト鳩山」を狙い撃ち 菅、前原、原口各氏…必死の防戦
個所付け資料漏洩に前原氏「非常に遺憾」 異なる資料提出に自民「偽資料事件だ」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出(J-CASTニュース)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
ユーチューブにバイク暴走映像=知人投稿、運転の男を逮捕−和歌山県警(時事通信)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。